車の格好良さはホイールでアピール 

車は、走る、曲がる、止まる、の3要素を備えています。それを路面に伝えているのがタイヤに通じるホイールです。

車の格好良さはホイールでアピール 

車の性能を左右するのがホイールだと言えるのです。

ステアリングの動きがホイールに伝わるからこそ、車は曲がることが可能なのです。
また、路面からの振動なども、タイヤからホイールに伝わり、ステアリングへと届きます。
それらをドライバーは判断して走行を続ける事になります。
車を支えているのはタイヤですが、そのタイヤを足回りへと固定するのがホイールなのです。
ホイールが無ければ、車は走ることも出来ません。タイヤは人間にたとえると足の筋肉のような存在ですが、ホイールはその中を通る骨のようなモノだと言えます。
骨が無ければ、まともに走ったり止まったりが出来ないのです。
もちろん、コーナーを曲がることすら出来ません。当然ながら、この骨が軽い方が、身体も軽く動くと言えます。
ホイールにとって一番大きな要素といるのが、その重量だと言えるのです。
この重量は、軽ければ軽い方が良いのです。

ただし、その足回りなどを十分支える強度を保った上での軽さが要求されます。
バネ下か十分軽い方が車の運動性能は向上すると言えるのです。
何とバネ下の重量の15倍は、バネ上の重量を軽減できると言われています。
これは人間でも同じ事が言えます。
歩くときよりも、走るときの方が身体に与えられる衝撃は大きくなってしまします。
車は人間が歩いたり走ったりするどころの速さではありません、その衝撃がすべてボディに伝わるのですから、少しでも軽い方が衝撃は少なくて済むはずです。
そんな事を考えると、アルミホイールは軽い方が間違いなく良いのです。

Copyright (C)2017車の格好良さはホイールでアピール .All rights reserved.